ドレージによるコンテナ輸送

国際社会になって世界中と貿易が活発に行われています。近年では特に中国との貿易量が増え、国内でも中国産の製品を多く見るようになりました。運輸は貿易をする上でとても重要な要素となります。

ドレージで陸上運輸をスピードアップ

日本国内では多くの輸送が陸上運輸となります。通常コンテナで運ばれてきた荷物は港で陸揚げされた後に仕分けられ、各地へ輸送されます。この仕分け作業が時間がかかり、手間もコストもかかっていました。陸運ではこの負担を軽減するべく、ドレージという方法を作り出しました。ドレージは陸揚げされたコンテナをそのまま目的地へ輸送する方法です。仕分け作業を行わない分、早く出発することができて到着も早くなります。そして仕分け作業をしなくて済むので、手間とコストも削減できます。画期的なシステムですが、料金体系が通常とは異なっている場合があるので、見積もりを出す時などは注意をする必要があります。物流のスピードアップはそのまま発展の速度に直結します。安全を確保したうえで、できる限りのスピードアップが望まれます。

運輸業界はあまり注目をされていませんが、日本の産業を裏から支えてくれています。日本の流通システムは世界でもトップクラスの精度を誇り、時間通りに破損もなく届けることができます。
輸出・輸入・運送各種業務について、詳しくは問合せフォームより承ります。

[お問合せ]

Comments for this post are closed.