日本製品を海外に輸出する際の船予約

海外へ日本精神を輸出する際には船を用いる必要があります。コストを考えると飛行機では高くつきますし、自動車では時間が掛かってしまうからです。ここではそんな船予約について述べます。

海外諸国へ日本製品を輸出する場合の注意点


海外諸国に日本製品を輸出する場合、避けて通れないのが商品輸出ルートです。日本国内であれば自動車での搬送をイメージすればいいのですが、外国の場合、自動車ではまずとてつもない時間が掛かってしまいます。このため、基本的には船になります。船を用いる際に、独力で船を一から作っていてはコストがかかりすぎてしまうので、造船会社に借りることになります。この時に船の予約が必ず必要になります。船の予約には遅くても1年前には予約を入れましょう。急な天候で出航できなくなる可能性もあります。費用的にも取りやめることは出来ないので、前倒しの出航になりますが、それなりに準備が必要になります。このため、早め早めの準備が必要のため、最低でも1年は余裕を見て予約するというのがポイントになります。

船を予約するだけでなく、予約した後どのような事態が起こっても対処できるように、スケジュールの余裕を持たせておく必要があります。それを加味したうえでの計画を立てましょう。
輸出・輸入・運送各種業務について、詳しくは問合せフォームより承ります。

[お問合せ]

最新情报

2015年12月03日 飲用乳及びでん粉調製品に係る輸入数量を基準とする特別緊急関税の発動について

関税暫定措置法第7条の3第1項の規定に基づき、別添のとおり、 同法別表第1の6第2項に掲げる飲用乳及び第24項に掲げるでん粉調製品について 特別緊急関税が発動されることになりました。

別途添付